マーケティング 無料戦略

集客がうまい起業家は「無料マーケティング」を実践している!2「市場調査編」

更新日:

 

あなたは売上に繋がるお客さんを順調に獲得できていますか?

ぴーまる
...。

 

商品やサービスを”無料で”提供する、と聞くと販売する側としては

赤字になるんじゃないか」

 

「ビジネスとして利益にならないじゃん」

 

等利益面でうまくマーケティング出来るか不安を感じる方は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、”無料”を効果的に打ち出し、集客で成功をおさめる上で

 

おすすめのマーケティング本1冊を紹介させて頂こうと思います。

 

前回の集客マーケティングの記事と合わせて3部制となっておりますので、

あわせてご覧頂けますと、

より理解が深まるかと思います。

 

ぴーまる
「集客やらマーケティングやらうるせんだよお、あきるんだよてめえの話は」

という方向けに!

 

3分で読める内容にまとめましたので、

是非最後までご覧いただけますと嬉しいです。

 

無料マーケティング事例を活用し「集客」を成功させてください!

 

「ゼリー」は無料マーケティングの成功例!!

 

ところで、あなたはデザートの「ゼリー」が

どうやって一般家庭に普及したかご存知ですか。

 

ぴーまる
んなモン、たまたまやろ。

 

ぴーまる
ゼリー販売員が頑張って訪問販売してったんやろ。

 

ミヤエイ
そんな単純な話じゃないんだよねェ( ´,_ゝ`)
ぴーまる
(ドヤ顔うぜえ)

 

実はあなたが普段ゼリーを食べられているのは

「無料マーケティング」成功のおかげ

 

なんです。

 

ぴーまる
はあ?

 

「ゼリー普及」に学ぶ集客方法

 

ゼリーは最初「ジェロ」という名前でスタートしました。

 

ジェロは19世紀の時点では、知名度ゼロ(ジェロ)

 

当時のジェロに近いものと言えば、お肉を煮た時に浮かんでくる"あの"ゼラチン質...ぐらいという状況。

 

以下、無料マーケティング戦略でジェロ普及に貢献した人物を紹介します。

 

まず、ウェイト氏。

このゼラチンをおいしいものにできれば、お金になるかもしれないと考えた。

(省略)

だが、さっぱり売れなかった。二〇世紀を迎えようとする消費者にとって、ジェロはあまりになじみのない、変わった商品だったのだ。

 

本「フリー<無料>からお金を生み出す新戦略 クリス・アンダーソン著」より引用。

 

既に需要のあるとわかっている市場へ飛び込む場合(既に同業のライバルを確認できる場合)と、

 

需要があるか分からない分野で新規に顧客を開拓しようとする場合とでは、

 

集客の手段は異なりますよね。

 

※ご自分の場合はどちらの集客手段が適切か考えながら読み進めてください。

 

既に需要があると判明している場合の集客

 

いわゆる"レッドオーシャン"で集客競争をしていく場合。

 

お客さんには数多ある商品の中から「あなた」を選んでもらわなければなりません。

ここで、「無料マーケティング」の出番です。

 

以下本書より。

注目を集めたいクリエイターにとって、無料にすることは理にかなっています。

 

参加者の大部分が課金をするなかで、コンテンツをタダにすることで競争優位が得られます。

そして、酔っ払いが言うように、床に寝ていれば転ぶことはないのです。

 

タダ以上のサービスはないので、タダで優位に立った者は、

並ばれることはあっても負けることはありません。

 

お客さんが他社と迷ってる場合。

ぴーまる
どれにしよ~。迷う~。

 

そんな状況で、頭1つ分飛びぬけてお客さんの視界に入るには料金を

 

無料に

 

すればいいのです。

 

ぴーまる
「無料」には「魔力」があるんでちゅよね!(ドヤ)

 

「無料」はレッドオーシャンで集客効果を出す!

 

そもそもお客さんは少額であろうと自分のお金を差し出すわけですから、

 

その商品が自分の支払う額と釣り合うか(=コスパ)を計算するわけです。

 

自分が損するかの計算が面倒だと放棄した瞬間、買う事をも放棄してしまいます。

 

つまりは、

 

お客さんのコスパ計算の面倒さを取っ払ってあげればいい

 

のです。

 

無料である以上、お客さんは「損する」ことは無いのですから、購入までのハードルは格段に下がります。

下がるというかなくなるといってもいいぐらい。

 

新規にお客さんを開拓する場合の集客

 

以下、ジェロでの集客話を本書より引用。

最大の問題は、消費者がジェロをどのように使えばいいのかを知らないことだった。

(中略)

まずは三三六ドルを出して、婦人向け雑誌の『レディース・ホーム・ジャーナル』に八センチメートルほどの広告を載せた。

 

ジェロの使い方がわからず、購入する気配のなかった消費者に向けて、その後、

使い方を書いたレシピを無料で各家庭に配布したのです。

 

※カスタードをのせる等。

 

詳しくは本書をご参考に。

 

権威のある婦人誌に掲載された信用性とも相まって、

ジェロの使い方を知ったお客さんは次々とジェロを買い求め、

 

大ヒット商品に成長!!

 

ぴーまる
マーケティング大成功で!ボ●もうけ~
ぴーまる
集客、集客ぅ~

 

ミヤエイ
もちろんぴーたんでも無料マーケティングは応用できるよw

 

ミヤエイ
ぴーたんの調理方法書いたレシピを無料で配るとか?
ぴーまる
ゆ、ゆるさねえ!!(大激怒)蒸し人間にしてやる!

 

別の記事にも掲載しますが、あなたの事を

権威ある有名誌に取り上げてもらうことは

 

集客において

最短で結果が出せる方法

 

であると提唱します。

 

更に無料マーケティングを行えば、鬼に金棒です(ごり押し感w)

 

※私自身が実際その集客方法を使いました。

 

次回、権威のある雑誌に取り上げてもらった方法と「無料マーケティング」での集客種類を具体的に紹介しようと思います。

ミヤエイ
次回の記事もよろしくお願いします!

 

ぴーまる
今回はマーケティング、マーケティング、あんまうるさくなかったね。
ミヤエイ
あんまうるさく言うとGoogleに「スパム扱い」されて記事抹消されるしなw
ぴーまる
へえ...

 

ぴーまる
マーケティング、マーケティングゥ!ww
ミヤエイ
やめぃww

 

以上、宮永万里でした。

Produced by ミニマムホームページ制作

-マーケティング, , 無料戦略
-

Copyright© ミヤエイ OFFICIAL , 2019 All Rights Reserved.